探偵の選び方バイブル

悪徳探偵は実在する!探偵料金に関する悪質な手口とは?

悪徳探偵は実在する!探偵料金に関する悪質な手口とは?

自分の力だけは難しい浮気の証拠掴みや人探し、ストーカートラブルの対策などにも利用される探偵の調査。
しかし、困っている人の弱味につけこむ悪徳探偵も世の中に蔓延っています。

こうした悪徳探偵の手口で特に多いのが、料金に関するものです。
探偵に高額または納得のいかない金額を請求されたという相談は、後を絶ちません。
誰にも相談出来ずに泣き寝入りをしている件数を含めると、かなりの被害が出ているでしょう。
こうした悪徳探偵から自分を守る為には、彼らの悪質な手口を覚えておく事も役立ちます。


調査人数の水増し
依頼内容によって適正な調査員の人数というものがあります。
しかし悪徳な探偵は、適正な人数よりも人員を水増しする事で料金を高く請求する事があるのです。
探偵の調査料金は、調査員の人数に比例して高くなる事を利用した手口になります。
依頼者には3人で調査をした事にしながら、実際は1人しか稼働をしていないといったケースがこれにあたりますね。
人数を水増しし、調査料金を高く見積もっておきながら、実際の調査は必要な人数に達していないという最悪のケースさえあるのです。

調査の引き延ばし
探偵の料金は、調査員の人数だけではなく、時間が長くなる事でも高くなっていきます。
そうした仕組みを利用して、無駄に調査時間を引き延ばしをして、高額な料金を請求するのも悪徳探偵の手口のひとつです。

もう少しで証拠が掴めそうだが、今調査を止めると損をする等と言葉巧みに依頼者を騙したり、勝手に調査を延長し料金を上乗せてしていきます。


成功報酬の罠

浮気調査や人探しといった調査を成功報酬という料金システムで請け負っている探偵事務所があります。
結果が出なければ成功報酬を支払う必要がない、と安心して依頼をする人も少なくありません。
しかし、これも悪徳探偵の手口のことがあるのです。

例えば、不貞行為の証拠写真も何も押さえていないのに、浮気をしている事実を「確認した」といって成功報酬を請求するケース。
または、まったく調査をせずに「浮気はしていない」という結果が出たと請求報酬を請求するケースなどがよく見られる手口です。
成功という曖昧な言葉を自分達の都合の良い意味で使い、初めから依頼者を騙そうするのが悪徳探偵の常套手段になります。


経費の水増し

探偵の依頼料金は、調査費用や成功報酬の他に経費という項目があります。
経費コミのパックプラン以外の場合は、交通費などの経費が調査終了後に実費として請求される仕組みです。

悪徳探偵の場合は、この経費を実際よりもずっと高く水増し請求をしてきます。
調査費用を設定したり、基本料金なしとうたっておきながら、水増しをした高額な経費で稼ごうとするのです。


高額なキャンセル料

わざと調査を長引かせたり、調査の報告をしないことで、依頼者側からキャンセルを言い出させるよう仕向けるという手口を用いる悪徳探偵も見られます。
キャンセル料金は、どこの探偵でも設定しているものですが、悪徳探偵の場合はその金額が相場よりもずっと高く設定されています。
また、キャンセルするように仕向けるというのが悪徳探偵ならでの手口と言えるでしょう。



悪徳探偵を見抜くには、見積書におかしな部分はないか、不透明な部分はないかをしっかりと確認する事が重要です。
もし、何かあった場合は、調査を依頼する前に直接確認しておく必要があります。
こうする事で、上記の悪質な手口に騙され高額な料金を請求されるというトラブルを防げるでしょう。



おすすめ探偵一覧

依頼前に知っておきたい探偵の探し方
「探偵の選び方バイブル」では、役に立つ情報を公開中です!
Copyright (C) 探偵の選び方バイブル All Rights Reserved.